米国におけるiPhone購入者の内でAppleCareの購入者は僅かに3%

米国におけるiPhone購入者の内でAppleCareの購入者は僅かに3%

新しいデータによると、米国で販売されている100個の新しいiPhoneのうち97個がAppleCareによる保護を受けていません

Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)は、iPhone XRが米国のPhone XS、XS Max、およびXRモデルの中で最も売れている新しいAppleスマートフォンモデルであるとし、Appleの第2四半期の米国iPhone売上高の59%を占め、当四半期のiPhone XRの米国iPhone売上高の38%を占めたことを報告しています

CIRPのパートナー兼共同創設者であるJosh Lowitz氏は、次のように述べています

2018年12月の早い時期に発売された後も、今四半期もベストセラーの個人モデルのままです
米国では、1年前の最新のiPhoneモデルとほぼ同じ最新モデルのiPhoneが、総売上の約60%を占めています。これらの傾向に基づいて、当社は平均販売価格を前四半期比で約800ドルと推定しています

スポンサーリンク

Appleのサービス

CIRP 00001
興味深いのは、CIRPがAppleサービスに関するデータです

  • 同四半期の米国のiPhone購入者のうち​​、48%が有料iCloudストレージを使用
  • 3%がAppleCare Protectionを購入
  • iPhoneの購入者の21%がApple Musicストリーミングサービスを使用
  • 13%がレガシーのiTunesミュージックサービスを使用

CIRPパートナー兼共同創設者のMike Levinは次のように述べています

追跡するサービスの中では、iCloud有料ストレージが最も普及率が高く、Appleデバイスとの統合が非常に容易であり、一般的なストレージの問題は適度に解決されます


その一方で、AppleCare Protectionは、携帯電話通信事業者、小売業者、およびその他の保証プロバイダとの激しい競争に照らして、販売が不十分です


Spotify、Amazon、Pandoraなど、Apple Musicのストリーミング購読者をめぐっても、Appleは同様の音楽の競争に直面している

(Source CIRP , Via Apple Must.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)