次期Apple Watch Series 5についてわかっていると思われること

次期Apple Watch Series 5についてわかっていると思われること

AppleのWWDCは迫っており、非常に興味深い発表が予定されています

iPad用の強力な生産性機能、Marzipan for Macで実行されているiOSアプリケーション、およびiTunesの分割を含むその他のmacOS 10.15での改善、そしてiOS 13への幅広い有用な改善はもちろん、待望のMac Proとありますが、Apple Watch はどうでしょう?

身分証明

AppleはContinuity機能を拡張することが期待されているので、Macを使用している場合は、アプリの承認を含む、新しい方法でApple Watchを使用して自分の身分証明を確認できます

MacBookでTouch ID搭載の場合は、これをサポートしています、これらの機能を他のMacでも可能とするかもしれません

スポンサーリンク

睡眠追跡

Appleは2017年5月にBedditを購入しました
同社は睡眠追跡センサーとソフトウェアソリューションを開発しました、センサーは心臓、肺、その他の身体活動を測定するために、会社が「Ballistocardiography」(BCG)技術と呼んでいたものを使用しました

Appleは、まだApple Watchで睡眠追跡をしていないので、2年後に同社が新しい技術を導入する準備ができているのか、それとも2020年のためのものなのかという疑問が残ります

健康センサー

ECG 00004b
Appleの心電図はすでに人命を救っています、そして、会社の患者健康記録のサポートの統合は、人々が彼らが何をするかについてより良い決断をするのを助けます

Appleが、Apple Watchの既存の機能を補うためにヘルスセンサー技術を開発していると言われ、一部では血糖値テスター、大気質分析および血圧分析ツールが含まれています

これらの機能について規制上の許可が必要で、Appleがこれらの機能のいずれかを導入する予定であれば、秋に新製品を出荷する前に規制上の許可を得る必要があります

OLEDスクリーンへの切り替え

ロイター通信は、AppleがJapan Displayからの新しい時計用にOLEDスクリーンの供給を確保したと報じています

既存のスクリーン技術よりも薄くて柔軟性があるので、これはAppleに新しい時計デザインを探求する機会を与えるかもしれません

スポンサーリンク

Watch Face Store

多くの人がApp Storeのような、文字版を自由に変更できるよな Watch Face Storeを期待しています

バッテリー寿命の延長

新しいセンサーは新しい電力需要を意味するので、Appleはおそらくデバイスのバッテリー寿命を改善する必要があると思われます

それはまた本当のワイヤレス充電を可能にするかもしれないいくつかの推測があり、iPadまたはiPhoneからApple Watchを充電できることが噂されています

価格

OLEDディスプレイの導入は、AppleがWatchに使用するデザイン素材を微調整できることを意味します

アナリストMing-Chi Kuo氏は、同社が今年の素材にセラミック時計モデルを再導入すると予測しています、Apple Watch Series 3で入手可能なセラミックモデルの価格は1,299ドルで、コレクター向けのモデルを引き続き提供することを示していますが、エントリーレベルの価格設定は、ほぼ同じと思われます

(Via Apple Must.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)