macOS 10.15では、ユーザーはiPadを外部ディスプレイとして使用できる

macOS 10.15では、ユーザーはiPadを外部ディスプレイとして使用できる

Luna Displayのような

AppleはmacOS 10.15で立ち上げるために新しいMacとiPadのディスプレイ機能を開発しているようだ。

以前、Astro HQは、Luna Displayという、Macユーザーが自分のiPadを外部ディスプレイとして使用できるようにするソリューションを考え出しました

そのための市場には多くの解決策がありますが、Luna DisplayはGPUの能力を活用したハードウェア製品であり、経験が可能な限りシームレスになることを考えると、トップのものになりました

AppleのデスクトップOSの次期メジャーバージョン macOS 10.15 の開発に精通している人々によると、新しいシステムはユーザーが外部ディスプレイにあらゆるアプリのウィンドウを送ることを可能にする機能を持つと言います

スポンサーリンク

Sidecar

外付けディスプレイは、MacまたはiPadに接続されてた実際の外付けディスプレイにすることができます

新しい機能は内部的に「Sidecar」と呼ばれ、簡単にメニューからアクセスできます

表示オプションの1つを選択すると、現在のウィンドウが選択された外部ディスプレイまたはiPadの全画面表示に移動します

Apple PencilをサポートするiPadを使用しているユーザは、Macの外部ディスプレイとして使用されている場合はiPad上でPencilを使用して描画することもでき、事実上iPadをWacomのようなタブレットに変えることができます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)