AppleがTeslaの電気パワートレインのトップを雇い、電気自動車を市場に投入する

AppleがTeslaの電気パワートレインのトップを雇い、電気自動車を市場に投入する

電気自動車

AppleがTeslaの電気パワートレインのトップを雇ったことで、電気自動車を市場に投入する可能性があります

Teslaは、エンジニアリングチームの重要なメンバーであるMicheal Schwekutsch氏(エンジニアリング担当副社長)が退社し、Teslaでだけでなく業界全体で電動パワートレインプログラムを市場に送り出した最も経験豊富なエンジニアであったので、会社にとって大きな損失であると述べていました

2015年の入社時に彼の経歴を次のように、公表していました

Michael Schwekutschは、 BorgWarnerや GKN Drivelineのような伝説的なサードパーティのパワートレインエンジニアリング会社で20年以上のキャリアを積んできた後、昨年Teslaに入社してパワートレイン開発をリードしました。さらに最近では、BMW i8、Porsche 918 Spyder、Fiat 500eV、Volvo XC90、その他の人気車両の電気およびハイブリッドパワートレインのプログラムを管理していました

スポンサーリンク


Teslaでは、Tesla Roadster IIやTesla Semi / Tesla Truckのような最先端のドライブシステムの開発に参加しました

最近の数ヶ月では、電力伝送システムの技術などの複数の特許や特許出願など Appleが車の設計に戻っている可能性がある兆候が現れています

過去10年間にわたり専ら電気パワートレインに取り組んできたSchwekutsch氏がAppleに加わった今、同社が完全な電気自動車を市場に出すことを計画していることが明らかになっています

車を作った経験のないAppleが、ゼロから電気自動車を作るのは大変なことです、しかしSchwekutsch氏のようにあらゆる経験を積んだ最高の才能を雇い、Appleの何百億ドルの資本とソフトウェアとハードウェアの専門知識を加えれば、問題を解決できる可能性があります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)