Apple、高水準の基準をクリアできなかったとしてAirPowerを正式に中止

Apple、高水準の基準をクリアできなかったとしてAirPowerを正式に中止

AirPowerを正式に中止

Appleは、高水準の基準をクリアできなかったことを理由として、AirPowerを正式に中止しました

Appleのハードウェアエンジニアリング担当上級副社長であるDan Riccio氏は、本日の電子メールで声明を発表しています

努力の末、AirPowerは当社の高水準を達成できないとの結論を出し、プロジェクトを中止しました。このローンチを楽しみにしていたお客様にはお詫び申し上げます。将来はワイヤレスであり、推進することを約束します

プロジェクトは明らかに最近キャンセルされたので、新しいAirPodsケースの箱にもAirPowerの写真があり、新しいAirPodsセットにはAirPowerの言及があります

スポンサーリンク


AirPowerがいつリリースされるかについての議論を通して、議論の全体的な傾向が「中止」に傾いたことはありません

これは、ハードウェアエンジニアリングチームが長年にわたってほぼ不可能と思われることを一貫して問題を克服してきたことの証です

問題の事実は、ハードウェアは確かに難しいということです

ワイヤレス充電の基本概念はよく知られており確立されていますが、複数のデバイスをパッド上の任意の場所に配置し、充電レベルと料金を通信しながら同時に充電できるようにすることによって約束されています

以前、TwitterでMatthew Panzarino氏は、個人的に聴いたこととしてAirPowerについて「物理法則に関連した厳しい工学問題に関連しています。具体的には、3D充電コイルが互いに非常に近接しているため、非常に慎重な電源管理が必要であるため、それらが過熱したと」発言していました

(Via TechCrunch.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)