Apple、6月3~7日にサンノゼでWorldwide Developers Conferenceを開催

Apple、6月3~7日にサンノゼでWorldwide Developers Conferenceを開催

WWDC 2019

Appleは本日、来る2019年6月3日〜6日の期間に年次イベントであるワールドワイドデベロッパカンファレンス(世界開発者会議、以下WWDC)をサンノゼのマッケナリー·コンベンションセンター(サンノゼ)で開催する予定であることを発表しました

今年で30周年を迎えるApple最大の年次イベントには、ソフトウェア開発に携わる世界で最も革新的かつ創造的な人々が一堂に会することになります

WWDC 2019は基調講演のステージから始まり、Appleに関する最新のニュース、機械学習(Machine Learning)、拡張現実(Augumented Reality)、健康およびフィットネスといった分野で新しいエクスペリエンスの開発に取り組んでいるデベロッパ各社の画期的な作品を紹介する予定となっています
WWDC2019 00001

スポンサーリンク

参加申込

開発者は、本日より3月20日の午後5時(米国太平洋標準時夏時間;日本時間は3月21日の午前9時)まで、WWDCウェブサイトにて参加チケットの申し込みをすることができます

チケットは無作為の抽出プロセスにより抽選で発行され、応募者には抽選結果を3月21日の午後5時(米国太平洋標準時夏時間;日本時間は3月22日の午前9時)までに通知されます










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)