AppleのiPhoneは日本のスマートフォンマーケットを支配し続けている

AppleのiPhoneは日本のスマートフォンマーケットを支配し続けている

マーケットシェア 56.0%

スマートフォンの出荷台数は、2018年第4四半期に日本で前年同期比3.8%減の990万台となり、4四半期連続で減少しました、出荷台数に関しては、日本は中国、アメリカ、インドに次いで世界第4位でした

2018年全体で日本に出荷された3,250万台のスマートフォンは、2017年より1.9%減少しました

携帯電話事業者が公正取引委員会の上限を超えた低補助金を受けていることを考えると、特にiPhoneの場合、日本の市場のパフォーマンスは、非常に高い携帯電話料金と機器コストの上昇によって悪影響を受けています

特に48か月の契約が主要な通信事業者によって導入されているため、これは交換サイクルを遅らせています、一方で、これは低価格のSIMのみの契約と中古のスマートフォン市場を後押ししています。
Japan top five 00001
第4四半期の急激な10.5%の減少にもかかわらず、Appleは依然として日本で有力な地位を維持しており、2018年に初めてその年間市場シェアは50%を超え、2017年の48.0%および2016年の48.2%から上昇しました

スポンサーリンク

2019年には大きな変化が

Canalysは、リフレッシュサイクルの長期化による影響をさらに受けて、2019年の日本におけるスマートフォンの売上高は前年比2.7%減少すると予測しています

2019年には、マーケットのダイナミックな変化が見込まれています、規制当局からの圧力により、通信料金の最大40%の値下げが差し迫っています

Sharpや京セラのように、補助金や通信事業者の昇進に依存しているプレミアム携帯電話やローカルベンダーは、さらに大きな打撃を受けると予想されています

(Source Canalys research group , Via AppleWorld.today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)