Appleのエグゼクティブチームが大きく変化し、複数のプロジェクトが保留になる

Appleのエグゼクティブチームが大きく変化し、複数のプロジェクトが保留になる

iPhoneからサービスへ

Wall Street JournalでTripp Mickle氏は、次のように述べています

Appleは、自社のサービス、人工知能、ハードウェア、小売部門で、リーダーシップを変更し、優先順位を変えています、同社のiPhone販売への依存度を減らすために役立っています


昨年まで遡る変更では、知名度の高い採用、注目すべき退職、有意義な昇進、および結果として生じる構造改革が含まれています、彼らは頻繁なリーダーシップの変更に慣れていません
問題に精通している人々によると、新しい管理者が優先順位を再評価する機会を与えられている間、保留になります

シフトの主な理由は部門によって異なります

これらはAppleがiPhoneを中心とした会社から、サービスと潜在的に変革的なテクノロジーから成長をもたらす会社へと移行しようとしていることを反映しています

過去数カ月間のリーダーシップの動きには、機械学習および人工知能の上級副社長としてのJohn Giannandreaの任命

小売ヘッドのAngela Ahrendts氏からDeirdre O’Brien氏の交代、SiriのリーダーBill Stasior氏の退任が含まれます

また最近、自走車チームから200人以上の人を削減しました

スポンサーリンク


Appleは、2020年までに5億の有料サブスクリプションを、現在の3億6000万から2020年までに伸すことを目指していると述べています

目標を達成するために、Appleは今年ハリウッドのA-listers主演のオリジナルショーを制作するために10億ドル以上を費やしています

このプランに精通している人々によると、
クラウドストレージを含む月額購読サービスにビデオをバンドルすることを検討しています、同社はまた月に10ドルかかるニュースサービスの提供について主要新聞と協議しています

これらのサービスをiCloudの写真やファイル用のストレージとともに1つのサブスクリプションにまとめることを検討しているとも語っています

(Via Wall Street Journal.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)