Apple、2ファクタ認証が時間がかかり過ぎると訴えられる

Apple、2ファクタ認証が時間がかかり過ぎると訴えられる

2ファクタ認証に時間がかかり過ぎる

ニューヨーク在住のJay Brodsky氏はAppleに対して2週間の猶予期間を超えて2要素認証を無効にしないといういわゆる「強引な」方針は不便であり、カリフォルニア州の様々な法律に違反しているとして、Appleに対して浅薄な集団訴訟を提起しました

この訴状は、Appleが「自分の個人用機器の使用を妨害し、使用に時間を浪費する」結果として、Brodsky「および全国各地にある何百万もの消費者が害を受け、また経済的損失を被り続けている」と主張しています

Appleはサポート文書で「最新バージョンのiOSとmacOSの特定の機能には、この追加レベルのセキュリティが必要であるため」として、顧客が2週間後に2ファクタ認証を無効にすることはできないとしています

この不満は、Appleが彼の知らないうちに同意なしでBrodsky氏のApple ID上で2ファクタ認証を可能にしたソフトウェアアップデートを2015年9月ごろにリリースしたことを含む疑わしい主張で曖昧にされています

実際、アップルはオプトイン方式で2要素認証を提供しています

スポンサーリンク


Brodsky氏はまた、Appleデバイスを起動するたびに2ファクタ認証が必要であると主張しており、これは間違いであり、実際には数秒しかかからないのにセキュリティでログインプロセスにさらに2〜5分以上かかると主張しています

この訴状は、セキュリティを無効にするための期間が2週間あることを顧客に警告する「単一行」を含む2ファクタ認証登録のためのAppleの確認メールは「不十分」であると主張し続けています
Two Factor 00001
Brodsky氏は、Appleが米国のコンピュータ詐欺および不正使用法、カリフォルニア州のプライバシー侵害法、その他の法律に違反していると非難しています

彼は、他の同様の立場にある人々に代わって、金銭的損害賠償と、Appleが「ユーザーが独自のログ記録およびセキュリティ手順を選択する」ことを拒否しない判決を求めています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)