Apple、2018年に米国での雇用創出に600億ドルを投資したことを発表

Apple、2018年に米国での雇用創出に600億ドルを投資したことを発表

部品製造が雇用創出を推進

ちょうど1年前、部品メーカーのFinisarはAppleのAdvanced Manufacturing Fundから3億9000万ドルを授与されました

iPhone Xと共に導入されたTrueDepthカメラシステムの重要な部分の生産を拡大するために、Finisarはテキサス州Shermanにある空いている建物を、将来のビジネスを提供する人々で賑やかな事業に変えました

この工場では、Apple向けに垂直共振器型面発光レーザ(VCSEL)を製造し、Face IDやアニモジなど、最新のiPhoneやiPadの画期的な機能を強化します

VCSELウェハは、人間の毛髪とほぼ同じ厚さであり、厚さがわずか数原子の寸法の数百の層を含む。彼らは非常に高度で正確な製造作業だけでなく、専門的な訓練を受けた熟練した技術者を必要とします

スポンサーリンク


Finisarは、米国の雇用拡大と製造業に対するAppleの投資拡大の一例にすぎません

2018年だけでも、Appleは9,000のアメリカの部品供給業者および企業に600億ドルを費やし、前年比で10%以上増加し、45万以上の雇用を支えました

2011年以来、米国内でAppleによって創設され、支援されている仕事の総数は3倍以上に増え、約60万人から200万人の雇用を創出しています

(Via Apple.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)