Everyone Can Createの日本語版、Apple Booksで提供開始

Everyone Can Createの日本語版、Apple Booksで提供開始

Everyone Can Create日本語版

Appleは本日、Everyone Can Createの教材がApple Booksで日本語で利用できるようになったことを発表しました

授業でもそれ以外でも子供たちのクリエイティビティを解き放つために作られたEveryone Can Createは、iPadを使ってスケッチ、音楽、ビデオ、写真を通して自分のアイディアや思考を発展させたり、周りの人々に伝えるためのシリーズです

このたび新しく作られたプロジェクトガイドはすべて無料で提供され、スケッチ音楽ビデオ写真を簡単に採り入れて、さまざまな授業や課題、教科を楽しく有意義なものにするための教育ツールです
Everyone Can Create 00006

スポンサーリンク


Everyone Can Createのコレクションは、国語、算数、数学、理科、歴史、社会、プログラミングなどさまざまな科目の既存の授業に、簡単にクリエイティブな要素を組み込むことができるように作られています

Everyone Can Createには、スケッチ、音楽、ビデオ、写真をテーマにした4つの新しいプロジェクトガイドが含まれ、Apple Booksから無料で入手することができます
Everyone Can Create 00004
各ガイドには順を追ってスキルアップすることができるように一連のプロジェクトが収録されており、生徒たちがそれぞれの分野の基礎から応用まで、使われる専門用語に親しみとテクニックを身に付けられるようになっています

新しい教師用ガイドでは様々なメディア、プロジェクト、教科にこうしたプロジェクトを実際に授業に取り入れられるように、300に及ぶ授業のアイディアとヒントを紹介しています
Everyone Can Create 00005
(Via Apple.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)