Apple、A12チップは性能とバッテリの寿命を大きく向上

Apple、A12チップは性能とバッテリの寿命を大きく向上

昨年のA11バイオニックチップは、新しいサムスンギャラクシーノート9よりもiPhone Xを速く走らせることができます、まもなく次期iPhoneと共にA12がリリースされます

Appleがそのプロセッサを設計しているが、A12はTSMCによって独占的に製造されていて、この台湾企業の今年の画期的な進展は、10nmから7nmプロセスのチップです

これは、プロセッサのコンポーネント間の距離の測定値です、これらをより密に梱包することは、より良い性能と廃熱の削減を意味し、電力を節約します

この変更の結果として、A12は40%少ない電力を使用しながら、20%高速化されます

スポンサーリンク

Apple A12の仕様を外挿する

A11 Bionicには6つのプロセッサコアがあり、最高性能が必要な場合は2つの高速コア、それ以外の場合は残りのコアが搭載されています、A12はこの同じ設計に従うことが期待されます
しかし、それがAppleがこれらのプロセッサコアの速度を高める方法を見つけられないことを意味するわけではありません

AppleとTSMCは協力して、Aシリーズを大幅に改善しました、たとえば、A9のGeekbenchマルチコアスコアはA8よりも78%優れています。そして、A11のスコアは、その前身より70%速いです

そうは言っても、改善の幅は何時も巨大ではなく、A10 は、A9 よりも 36% 高速です

それでも、これはApple A12には良いことです

予想される最低のスピード増加率は30%であり、過去からの推測では70%に達する可能性が高いことが示されています
そして、これがプロセッサーの消費電力を40%削減することが期待されることを忘れないでください

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)