Appleは、自らの強みを発揮することで健康産業で最終的に勝つことが出来る

Appleは、自らの強みを発揮することで健康産業で最終的に勝つことが出来る

これまでの報告書に示されているように、Appleは医療業界への関心が高まっています。同社はこの分野で著名な人材を雇い、iPhoneを医療記録の家に変え続けています

健康産業の複雑さ

過去5年間で、Apple、Amazon、Alphabet、Microsoft、およびSalesforceは、人材、製品発表、買収によって明らかになったように、すべてこの分野に大きな動きを見せました

Apple CEOのTim Cook氏は、最近のインタビューで、健康に焦点を当てているかどうかについて、利他主義、資本主義、またはその両方から生まれたかどうかに付いて尋ねられたときに、Appleの医療への態度を総括し「私たちはこの分野に非常に関心があります」と答えました

IBM、マイクロソフト、アルファベットなどのハイテク企業は、以前に医療を確固としたものにしようとしましたが失敗しました

シアトルに拠点を置く医療従事者のDave Chase氏は、GoogleのGoogle Healthのように、才能とリソースを何百万ドルもの投資をしたにもかかわらず、これらの取り組みのいくつかが失敗したと指摘しています

しかしChase氏によると、これらの企業は間違いから学ぶようで
ハイテク企業の幹部は、幅広く進むのではなく、彼らがうまくやれる市場の隅に集中しており 「ヘルスケアを数兆ドルの市場と考えるのは間違いだで、本当に、数千億ドル規模の市場で、市場投入のアプローチを必要としています」と言います

スポンサーリンク

強みを発揮する

最近では、ハイテク企業は、彼らの強みを多くを果たしています

Alphabetを見ると、それだけではなく、ライフサイエンスグループのVerilyは、様々な研究開発プロジェクトのために医療機関と提携しています
ジョンソン&ジョンソン、サノフィを含む企業の専門知識から、規制などの分野で利益を受ける一方、エンジニアリング、設計、製品開発に注力しています

同様にGoogleの「brain」グループはGoogle Healthのような消費者製品を開発しようとするのではなく、機械学習の専門知識を活用して、大きな病院に代わって医療データを分析し、集計しています

Appleのヘルスグループは、デザインと消費者の信頼の専門知識に頼ることで成功を収めています

Apple Watchは、定期的な運動の目標を設定して固執させることで、消費者の健康を維持するのを助けています、それは人々がiPhoneを使って医療記録を格納して保存する方法を思いつきました

Appleが消費者のプライバシーを守り、ターゲットとする広告に無関心であることを完全に果たすことで影響をおよぼしています、また「ACウェルネス」と呼ばれる独立したグループを通じて、従業員のプライマリケアの改善に取り組んでいます

一方、Appleは医療機器や医薬品販売など、規制が厳しいものから離れています、Cook氏はインタビューで、Apple Watchを規制された医療製品にしたくないことを明らかにしています

しかし、これは、Appleがこれらの分野に関心を持っていないと言っているわけではありません、これはAppleが昨年報告された健康製品を開発し、リリースする可能性があります
新たなパイロットプログラムをテストするために食品医薬品局によって選ばれた9つのテクノロジー企業に在りました

(Via CNBC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)