2018年後半に安価なMacBook Air、Face IDを採用したiPad、Apple Watch Series 4が発売される?

2018年後半に安価なMacBook Air、Face IDを採用したiPad、Apple Watch Series 4が発売される?

AppleのマーケットアナリストMing-Chi Kuo氏は、2018年のApple製品ラインナップに関するいくつかの投資家の主な質問に答えるために、新しいレポートを再度掲載

2018年後半

Kuo氏は、以前のレポートを明確にし、Appleのサプライヤに焦点を当てています

同氏はこれまで、3月に新しい低価格のMacBook Airと、現状とほぼ同じサイズだが、画面が大きくなる新しいApple Watchを予想しています

Kuo氏は、最新のレポートで2018年のiPhoneのラインナップに関して、これまでの主張を繰り返しています

Appleの成長は、主にハイエンド市場の交換需要とローエンドの新しいユーザーからのものだと考えています

「Appleはまだコンシューマーエレクトロニクス分野のリーディングカンパニーであり、革新的なユーザーエクスペリエンスとエコシステム開発という点で、競合他社を大幅に上回っており、新しいアプリケーションで革新を進める際には、先進的な利点が恩恵を受ける」と考えています

スポンサーリンク


3つのiPhoneのモデルは、現在この秋に到着予定のOLEDモデルには、6.5インチと5.8インチのOLEDスクリーンを備えた2つのモデルと、6.1インチのTFT LCDを搭載した3つのモデルが含まれています

ほとんどの情報源は現在、3つすべてがTrueDepthカメラアレイを持ち、Face IDを使用すると主張していますが、LCDモデルは費用対効果の高いモデルとして選定され、OLEDバージョンはタッチスクリーン機能を取り巻く製造歩留まりの問題によりさらにプレミアムな価格設定と仕様を持つことになると予測されています

LCDモデルが遅れることが予想されますが、状況は明らかに改善していて、TrueDepthカメラアレイをLCD画面に統合する際のボトルネックは、製造の遅れを引き起こす可能性のある別のハードルを取り除き、緩和しているとも言われています

Foxconnは、5.8インチのOLEDユニットと6.5インチのOLEDバージョンの80〜90%、LCDモデルの30%を扱うと、今年も主要なiPhone組み立て会社になるだろう

また、PegatronはLCDオーダーの60%、6.5インチOLEDモデル受注の10〜15%を占めており、Wistronは残りの額を占めています

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)