Apple、ResearchKit 2.0の新機能を発表

Apple、ResearchKit 2.0の新機能を発表

ResearchKit 2.0

ResearchKitは最新のiOSデザインを反映した新しいUIで更新されました

フッターは塗りつぶされたボタンスタイルですべてのビューの一番下に貼り付けられています
また、キャンセルボタンとスキップボタンはcontinueボタンの下により簡単なナビゲーションを可能にします
ResearchKit 2 0 004 z

スポンサーリンク

新機能

ResearchKit 2.0には、研究者が革新的な方法で情報を収集してより洞察的な結果をもたらすためのいくつかの新しいタスクと機能が含まれています

  • PDFビューア
  • ユーザーがPDFドキュメントをすばやくナビゲート、注釈付け、検索、共有できるようにするステップ

  • 音声認識
  • 参加者に画像を記述したり、テキストブロックを繰り返したりして、ユーザーの音声をテキストに転記し、必要に応じて編集を許可するタスク

  • Speech in Noise
  • スピーチと聴覚の健康を援助し、開発者や研究者が周囲の騒音とフレーズを取り入れた録音を聴いて、繰り返し聞くようにすることで参加者のスピーチ受信閾値の結果を評価できるタスクフレーズバック

  • dBHLトーンオーディオメトリー
  • Hughson Westlake法を使用してdB HLスケールでユーザーの聴力しきい値レベルを決定するタスク
    この作業を容易にするため、AirPodの校正データを公開しています

  • 環境SPLメーター
  • 開発者がアクティブなタスク中にユーザーの現在のバックグラウンドノイズレベルを記録し、他のタスクを完了する前にユーザーが適切な環境にいることを保証するためのしきい値を設定するタスク

  • アムスラーグリッド(Amsler Grid)
  • 参加者に、顔から一定の距離を置いて電話を持ち、一方の目または他方の目を閉じる指示を出すよう指示するタスク
    参加者が指示を進めるにつれて、グリッド上にグリッドが表示され、グリッド上のどのような領域にも歪みが見られます

ResearchKit 2 0 002 z

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)