App Storeガイドラインの変更でMac App StoreとApp Store共に、有料アプリの無料トライアルが可能に

App Storeガイドラインの変更でMac App StoreとApp Store共に、有料アプリの無料トライアルが可能に

App Storeガイドライン

Appleは、開発者と顧客の両方が求めていたアプリの試用版に対して、大変望ましい機能をもたらす最新のApp Storeガイドラインを導入しました

この「App Storeレビューのガイドライン」の「3.1.1 In-App Purchase(アプリ内購入)」でのルールの改正では、アプリの機能を一時的に解除する無償のアプリ内購入オプションを使用して無料の時間ベースの試用期間を提供できるようになりました

Non-subscription apps may offer a free time-based trial period before presenting a full unlock option by setting up a Non-Consumable IAP item at Price Tier 0 that follows the naming convention: “14-day Trial.” Prior to the start of the trial, your app must clearly identify its duration, the content or services that will no longer be accessible when the trial ends, and any downstream charges the user would need to pay for full functionality. Learn more about managing content access and the duration of the trial period using Receipts and Device Check.


サブスクリプションアプリ以外は、「14日試用」の命名規則に従った価格帯 0の非消耗品のIAP項目を設定することにより、完全なロック解除オプションを提示する前に無料の時間ベースの試用期間を提供することができます
試用期間中、試用期間終了時にもはやアクセスできないコンテンツやサービス、および完全な機能を実現するためにユーザが支払う必要があるダウンストリーム料金を明示する必要があります
レシートとデバイスチェックを使用して、コンテンツアクセスと試用期間の管理の詳細を確認してください。

スポンサーリンク


従って、たとえばアプリ内で$ 0.00のアプリ内購入を行い、一定期間(通常は数日から1週間または2週間)無料の試用期間のロックを解除出来ます

この変更により、App Store内のすべてのアプリは、開発者が機能を実装することを選択する必要がありますが、顧客に試用版を解放することができます

ガイドラインを更新する前は、App Storeアプリの無料試用期間は、サブスクリプションベースのアプリでのみ利用でき、無料試用版へのアクセスを得るために毎月または毎週の支払いを行うことに同意する必要がありました

アプリのための無料トライアルの欠如は、iOS と mac の両方のアプリケーションストアのための主要な苦情となっていました

特にMac App Storeではアプリが高価でなので、広範囲に購入前にテストを提供できることは良いことです

Appleは、Steam Linkのようなリモートミラーリングアプリケーションのための新しいルールやお金から人々を詐欺しようとするサブスクリプションアプリケーションの制限を含む、ガイドラインのいくつかの変更を実装しました

(Source Apple , Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)