iOS 12のARKit 2.0では、2つのiPhoneに同じ仮想オブジェクトが表示される

iOS 12のARKit 2.0では、2つのiPhoneに同じ仮想オブジェクトが表示される

WWDCで発表予定

6月4日から開催されるWorldwide Developers Conferenceで発表される予定のiOS 12には、既存のARKit 1.5 SDKのアップグレード版であるARKit 2.0が含まれており、開発者がアプリケーションで拡張現実感を構築できるようになっています

Reutersの新しいレポートによると、ARKit 2.0には、同じオブジェクトを複数の画面に表示しながら、2人のiPhoneユーザーが拡張現実感体験を共有できるように設計された機能が含まれます

これはBloombergの以前の噂にも似ています、Appleは複数の拡張現実ゲームプレイとオブジェクトの永続性の両方に取り組んでいると言っています
これは複数のアプリケーションセッションの間、仮想オブジェクトをそのまま残すことを可能にします

Appleは、2人のユーザーがデータを共有できるようにして、個々のデバイスを介して同じ空間内の同じ仮想オブジェクトを見ることができるようにしています、Appleはこの機能をプライバシーに配慮した方法で設計しています

スポンサーリンク

プライバシーを配慮

Appleのマルチプレイヤーシステムは、Googleの同様のサービスとは異なり、ユーザーが電話システムを介して、家や個人のスペースをスキャンする必要はありません

Appleのマルチプレイヤー拡張現実感システムがどのように機能するかについての詳細は不明で、3人以上のプレイヤーで動作するかどうかはまだ分かりません、Appleは月曜日にこの機能に関する情報を発表すると思われます

拡張現実は、AppleのCEOであるTim CookがARを「大きくて深い」と言い、過去2年間にAppleにとって大きな焦点となっています

(Source Reuters , Via MacRumors.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)