HomePodのAirPlay 2、マルチオーディオ、ステレオペアリング、カレンダーサポートのハンズオンビデオが公開

HomePodのAirPlay 2、マルチオーディオ、ステレオペアリング、カレンダーサポートのハンズオンビデオが公開

HomePodの新機能

HomePod 11.4はHomePodに2つの主要な機能をもたらします、1つは複数の部屋の音声をサポートするAirPlay 2で、もう1つはHomePodを所有する人のためにステレオのペアリングです

また、設定されたカレンダーへのアポイントのチェック、追加、編集、および削除を可能にするカレンダーサポートもあります

AirPlay 2

11.4アップデートの主な機能は、AirPlay 2のリリースです

ステレオペアリングとは異なり、AirPlay 2はHomePod専用ではありません、しかし、HomePodの所有者がAirPlay 2を使用できるのは初めてのことです

AirPlay 2がもたらす最大の利点は、マルチルームオーディオのサポートです

AirPlay 2のマルチルームオーディオは、iOSユーザーがControl Centerのコントロール、アプリ内コントロール、またはSiriを使用して、あらゆる部屋のサポートされているデバイスに音楽やポッドキャストをストリーミングできるようにします


スポンサーリンク

AirPlay 2で、できること

  • すべてのスピーカーが各部屋で何が再生されているかを素早く確認
  • すべての部屋で同じ曲を同期して再生する
  • 異なる曲を異なるスピーカーで再生する
  • Siriを使用して異なる部屋で異なる曲を再生する
  • スピーカーをグループ化せずにルームでストリーミングする
  • スピーカーはホームアプリで設定されているため、部屋に簡単に割り当てられ、ユーザーはSiriを使用するときに特定の部屋にアクセスできる

HomePod 0530 004 z

ステレオペアリング

もうひとつの大きな特徴は、HomePodの排他的ステレオペアリングです

HomePodのステレオペアリングは、Appleが設計したワイヤレスピアツーピアダイレクトリンクを使用してお互いに通信し、音楽を同期して再生します

A8 SoCのおかげで、各ホームポッドは自動的に室内の位置を感知し、独自のオーディオチャンネル(左または右)を確立することができ、一度ステレオペアが確立されると、エンドユーザーの構成はほとんど必要ありません

HomePodの高度なビームフォーミングは、従来のステレオペア設定よりも広いサウンドステージを提供します

Appleは、2つのHomePodをステレオペアでペアにすることにより、ほぼ3次元のサウンドステージが作成され、ベースの拡張が強化されたルームフィルサウンドと、低周波のより正確で正確な再生を提供します

HomePodステレオペアを作成するのは簡単で、2つのホームポッドを同じ部屋に設置すると、ステレオペアを作成するようユーザーに自動的に求められます
HomePod 0530 005 z

スポンサーリンク

カレンダーのサポート

HomePod 11.4では、ユーザーはHomePodからカレンダーの予定(米国、イギリス、オーストラリアのみ)を今すぐチェック、スケジュール、編集、キャンセルすることができます

リマインダー、メッセージ、メモのサポートのように、ホームアプリの設定でパーソナルリクエストが有効になっていることを確認して、設定されたカレンダーとのインターフェースをとる必要があります
HomePod 0530 006 z

(Via 9to5Mac.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)