Apple、iPhoneの特許の再審でSamsungから5億3,860万ドルを獲得

Apple、iPhoneの特許の再審でSamsungから5億3,860万ドルを獲得

iPhoneへの知的財産権の侵害

連邦陪審が、iPhoneの知的財産権の侵害に対して10億ドルをAppleに授与してから約6年後、被告の損害賠償部分を再審理した陪審員は、5つの設計および実用新案において538,641,656ドルに修正しました

Apple勝訴

Samsung Electronics Co.は2011年4月、Appleの特定のSamsungスマートフォンが特許や商標を含むiPhoneの発明を侵害していると主張して、Appleは2012年8月にこの裁判で勝利し、最初の賞金10億4,900万ドルを受領しましたが、その後の法的問題や損害賠償の紛争のために裁判所に戻されました

最新の再審で重要な問題は、「製造品」という言葉の適切な定義、具体的には、Samsungが侵害した5つのiPhone特許の特定の価値のみに基づいてAppleが被った損害を計算するかどうか、電話の革新を含んでいるか

もし600ドルの携帯電話に侵害されたAppleの部品が300ドル含まれていれば、Samsungは300ドルの損害のみを負担していると主張するかもしれないが、Appleの300ドルの革新は600ドルの携帯電話の販売を可能にします

スポンサーリンク


再審は、2016年12月以来、米国最高裁判所が電話またはそのコンポーネントが正しい「製造品」であるかどうかを判断するために陪審の下級連邦裁判所にその事件を戻しました
昨年10月、連邦裁判所は、4つの要因に焦点を当て、その問題について陪審再審を命じました

  • 「図面と記述を含む原告の特許で請求されたデザインの範囲」
  • 「製品全体のデザインの相対的な顕著性」
  • 「デザインは概念的には製品全体とは異なる」
  • 「特許設計と他の製品との間の物理的関係」

Samsungは2,800万ドルの損害賠償を提案したが、Appleは10億ドルを要求しました

その実用新案権を侵害し、総額は約5億3,860万ドルでこの数字は、両企業の主張の中間に位置しています

(Via VentureBeat.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)