Apple、新しくData and privacyのサイトを公開、ユーザはAppleが知っている全てのコピーをダウンロード出来る

Apple、新しくData and privacyのサイトを公開、ユーザはAppleが知っている全てのコピーをダウンロード出来る

Data and privacy

Appleは本日、データとプライバシーの新しいWebサイト「Data and privacy」を立ち上げ、Appleのユーザーが自分のアカウントに関連付けたすべてのもの、Apple ID情報、App Storeの活動、AppleCareの履歴、iCloudに保存されている写真やドキュメントなどのデータをダウンロードできるようにしました

これは現在、GDPR に準拠するために、欧州連合のアカウントでのみ利用可能であり、今後数ヶ月で世界中に展開されます

また、情報を更新するための簡単なショートカットや、アカウントを一時的に無効にする方法、永久に削除するオプションがあります。ここでそれを行う方法です…

新しいオンラインツールにより、ユーザはApple IDに関連付けられたすべてのデータのコピーを入手することができます
連絡先、カレンダー、メモ、ブックマーク、リマインダ、写真、ドキュメントなど、アカウントの詳細とサインインレコードとデータを要求できます

Appleはまた、Apple Music and Game Centerのアプリ使用統計情報、App StoreやiTunes Storeから購入したアイテムの購入履歴、AppleCareのサポート履歴、マーケティング記録などの情報も保存しています

個人識別可能なデータのみがここにあり、これはすべて、プライバシーポータルで簡単にクリックするだけでダウンロードできます
iCloud Photosのようなデータは、数十ギガバイトのファイルが存在する可能性があるため、生成に時間がかかります

スポンサーリンク


Data and Privacy 005 z
ダウンロードの準備には1週間ほどかかります、Appleはデータのダウンロード準備ができたら通知し、2週間後に自動的に削除されます

Apple IDとiCloudデータのコピーをダウンロードする

データのコピーを取得するには、privacy.apple.comにログインします、この機能は現在、EU、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイスユーザにのみご利用できます、 今年後半には国際的に展開される予定です
Data and Privacy 007 z
日本のユーザの場合は、次の二つが表示されました

  • データを修正する
  • アカウントを削除する

Data and Privacy 004 z

Appleは、月末に発効する新しいGDPR規制に準拠するために、これらの機能を適時に導入しました、Appleのプライバシーに対する強い姿勢のため、Appleのサーバーで収集される情報には、実際にはあまり驚くことはありません

GDPR規制では、インターネット企業はすべてのEU市民が自分についてどのような個人識別可能なデータを保管しているかを見ることができます
しかし、Appleは最終的にこれらのツールを世界中のすべてのAppleユーザーに配備することを約束しています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)