7月から全てのiOSアプリは、iOS 11 SDKを使用しiPhone XのSuper Retinaディスプレイをサポートする必要があります

7月から全てのiOSアプリは、iOS 11 SDKを使用しiPhone XのSuper Retinaディスプレイをサポートする必要があります

今後のiOS 11のアプリケーションアップデート要件

Appleは、iOS開発者のためのいくつかの重要な変更を発表しました。これは7月以降に有効になります

Appleは5月7日、iOS開発者が最新のソフトウェア開発キットをサポートするだけでなく、同社の最新フラッグシップ・アイフォーンを展示するための協調的な努力を必要とすると「Upcoming iOS 11 App Update Requirements」で発表しました

具体的には、今年の7月初めに、すべてのiOSアプリのアップデートをiOS 11 SDKで構築し、iPhone Xに搭載されたSuper Retinaディスプレイもサポートする必要があります

スポンサーリンク


この「Upcoming iOS 11 App Update Requirements」では

iOS 11は革新的な機能と再設計されたApp Storeを世界中の数億の顧客に提供します。 あなたのアプリは、Core ML、ARKit、新しいカメラAPI、新しいSiriKitドメイン、Apple Musicの統合、iPadのドラッグアンドドロップなど、よりインテリジェントで統合された没入感のあるエクスペリエンスを提供します。 2018年7月から、App Storeに提出されたすべてのiOSアプリのアップデートは、iOS 11 SDKを使用して構築する必要があり、iPhone XのSuper Retinaディスプレイをサポートする必要があります

上記のように、iOS 11 SDKは、Core ML、ARKit、新しいSiriKitドメイン、Apple Music用の統合、およびカメラ用の新しいAPIをサポートしています。Appleは将来のアプリアップデートがこれらの技術をサポートすることを望んでいます

この発表は、Apple が今年2月に行ったのと同様のものであり、同社は当時のiOS 11 SDKとiPhone Xのディスプレイをサポートするために、新しいアプリケーション要件を変更しました

新しいiPhoneのディスプレイをサポートしていないAppleのアプリケーションもあります
これには、AirPortユーティリティーアプリやiTunes Remoteアプリケーションなどがありますが、おそらく間もなく対応するものと思われます

(Via iPhone Hackes , Apple)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)