Face IDは、来年Androidに来るがiPhone Xと違いロックの解除のみの可能性

Face IDは、来年Androidに来るがiPhone Xと違いロックの解除のみの可能性

Appleが2年先を行く

先日お伝えしたように、高度な3Dフェイススキャン技術の採用については、Appleが Androidライバルで2年間リードしているといいます

多くのAndroidデバイスメーカがiPhone Xのルックアンドフィールをコピーしようと急いでいるかもしれません
すでに数十のノッチクローンが見られましたが、これらのノッチベゼルにはTrueDepthのようなカメラはありません

新しいレポートによると、Androidデバイスメーカーは3D検出機能を備えたデバイスを展開するために1年以上待たなければならないといいます
これらのデバイスが到着するとしても、GalaxyやPixelの携帯電話ではない可能性があります

そして、そのデバイスは最初に国際市場で立ち上げることさえできないかもしれません

Pixel 3のデザインはまだ漏れていないが、GoogleがAndroid Pのノッチをサポートする準備ができており、全画面の携帯電話を独自のものにしたいと考えているので、GoogleがiPhone Xをコピーするのを見て驚いてはなりません

しかし、Google でも、Apple のFace ID カメラに一致することはできません

まだiPhone Xをクローン出来ていないSamsungは、3D Face センシング機能を備えた携帯電話を発売する最初のAndroidデバイスメーカーではないかもしれません

スポンサーリンク


Ming-Chi Kuo氏によると、Huaweiはこのようなソリューションを提供するのに最適な立場にありますが、同社はまだ Apple の技術に追いつくことが出来ず別のタイプを利用するでしょう

Kuo氏は、Apple Insiderによると、Huaweiの3D センシング機能は来年来ると述べました

最初は、iPhone XのTrueDepthカメラのような構造化された照明ソリューションを使用しますが、来年の第2四半期または第3四半期までに、安価で小型のTime of Flight(TOF)センサーに移行します

TOFは、顔認識システムのための技術となります、TOFシステムは、大量生産開始後3-6ヶ月で構造光ソリューションを置き換えます

「BOMのメリットによって、ToFはAndroidキャンプの主流の顔認識ソリューションになり、生産の歩留まりや認識の品質は重要な問題にならない」とKuo氏は述べています

TOF電話機は、光パルスが顔の表面から跳ね返るのにかかる時間を計算することによって、顔の奥行きマップを生成します、これとは対照的に、AppleのTrueDepthカメラシステムは、ユーザーの顔に30,000個の赤外線ドットを投影する特殊なVCSELモジュールを使用しています

カメラはパターンをピックアップし、ソフトウェアを使用して、ユーザーの顔の指紋を作成します、これは、iPhoneのロックを解除するだけでなく、モバイル決済に関連する認証チェックのためにも使用できます

Android上の現在のフェイスロック解除ソリューションは、より原始的であり、ユーザーはデバイスのロックを解除することしかできません、モバイル支払いサポートは含まれていません

これは、そのデバイスの一部がユーザーの写真でハッキングされる可能性があるからです

(Via BGR.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)