iPhoneオーナーの40%がiPhone Xにアップグレードしなかった理由

iPhoneオーナーの40%がiPhone Xにアップグレードしなかった理由

40%がiPhone Xにアップグレードしていない

Apple 3.0のPhilip Elmer-DeWitt氏の記事によると、iPhoneのユーザー1,500人を対象とした今回の調査によって、40%がiPhone Xにアップグレードしていないことがわかります

これは、「デバイスが高価(31%)」か、「より大きな画面(8%)を好む」でした
iPhone Xに関して以外の理由ではでは「現状のiPhoneに問題がない(44%)」「それ以外(17%)」でした
Update iPhone X 001
iPhoneの次期リリースでは、これらの問題の両方に対処する可能性が高いため、2019年度 iPhoneの推定値は2億3,380万台で、コンセンサス(2億2,700万台)を700万台(3%)上回っています

スポンサーリンク

2018年度のiPhoneの推定値を若干下げる

潜在的なiPhone購入者の大規模なプールが大画面または低価格のオプションを探していることを示唆するこの調査に基づいて、次のデバイスの大きな動きが今年後半になるまで待つことになります、当社は2018年度のiPhoneユニットを2億3,000万台から2億2,630万台に若干下げています

当社の2019年度の見積もりは変更されていませんが、現時点では控えめな見通しです

「スーパーロング」サイクル

次世代 iphone の拡大は、2019年度にも継続的なアップグレードを推進しなければなりません

iPhone Xに似た新しいフォームファクタデバイスが、2018年秋に発売される予定です、私たちは来年のAppleの発売計画を直接知ることはできませんが、現行のiPhone Xには価格引き下げやX “Lite”が付いている可能性があります

iPhoneのオプションが拡大するにつれて、アップグレードのための「目標に向けた選択肢」が増えます

画像元:Apple 3.0
(Via Apple 3.0.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)