Apple、13歳未満のFace IDのApp Storeレビューガイドラインを更新

Apple、13歳未満のFace IDのApp Storeレビューガイドラインを更新

更新されたApp Storeレビューガイドラインには、iPhone XのFace IDを利用したいアプリが13歳未満の子供のための「代替認証方法」を提供しなければならないことが明記されています

Face ID

AppleはFace IDの基本的な制限に加えて、両親からの恐怖を和らげようとしている可能性が高い

この技術はiPhone毎に1人しかサポートしないので、顔認識にあまりにも頼りすぎると、iPhone Xを共有している両親は常にアプリをロック解除する必要があります

AppleはFaceIDは「Touch IDよりもさらに便利です」と述べています。Face IDを使って、iPhone Xはあなたがそれを見ているときだけロックを解除します

写真やマスクによるなりすましに抵抗するように設計されています

顔のマップは暗号化され、Secure Enclaveによって保護され、認証はクラウドではなくデバイス上で即座に行われます


スポンサーリンク




新しいガイドラインには、

デモのような単純なARKitアプリの禁止もあります、 ARKitアプリケーションには、「豊かで統合された拡張現実体験」が含まれている必要があります

一方で、App Storeのアプリ内購入システムを迂回する個人間の財政的贈答を可能にしながら、チップポリシーを柔軟化しました

通常、アプリ内取引から 30% 削減すると主張しています、実際に新しいルールでは、アプリのクリエイターはプレゼントからも金銭を請求することができないという新ルールもあります

この変更はおそらく、中国のアプリで今年初めに短期間での取り締まりが行われた後、対策が行われました

(Via appleinsider.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)