Apple Developer Siteがダウンの原因はハッキングではなくバグだった

Apple Developer Siteがダウンの原因はハッキングではなくバグだった

Apple Developer Siteのダウン

本日、Apple Developer Siteがダウンしハッキングされたのではないかとの、開発者の報告があったことをお伝えしました

AppleはThe Loopへの声明で、セキュリティ違反はなく、問題はバグが原因だと述べました



スポンサーリンク



The Loopに送られた電子メールでの声明

アカウント管理アプリケーションの不具合により、アドレス情報がApple Developer Webサイトのアカウントの詳細に一時的に正しく表示されませんでした
影響を受けるすべての開発者に同じ誤ったアドレスが表示されました、基礎となるコードレベルのバグがすぐに解決され、アドレス情報が正しく表示されるようになりました


セキュリティ侵害はなく、いつでもアップルデベロッパーのウェブサイト、アプリケーション、またはサービスが侵害されたことはありません
あなたのアップルデベロッパーのメンバーシップの詳細は誰もアクセスしたり、共有したり、誰にも表示されませんでした

Developer Centerの登録アドレスが間違ってロシアの住所を示したと報告し始めた多くの開発者がいました
これらのレポートと、直後にAppleがDeveloper Centerへのアクセスを遮断したことで、ハッキングされた疑いが湧いていました

(Via The Loop.)


しかし、どないしたら住所がロシア語になるんでしょうね?その辺りの説明が全くないのは、何時ものApple


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)