Apple Developer Siteがダウン、開発者はハックの可能性の報告も

Apple Developer Siteがダウン、開発者はハックの可能性の報告も

ハックの可能性も

Apple Developer Siteが、数時間の間ダウンしています

最初はメンテナンスのためと思われていましたが、開発者からの報告で別の可能性があるのではないかと思われます

何人かの開発者は、Developerアカウントアドレスのすべてがロシアのアドレスで更新されたと報告しており、おそらく何らかの違反や重大な内部エラーがあることを示しています

複数の開発者レポートによると、そのアカウントには正しい住所の代わりにロシアの住所が記載されています





スポンサーリンク




現時点で開発者サイトで何が起こっているのかは不明です





2013年には、AppleのDeveloper Centerがハッカーにによって破られ、数日間オフラインになったため、Appleは問題を修正し、開発者データベースを再構築し、より良いセキュリティ対策を実装しました

その時、Appleは機密情報を暗号化してアクセスできないと述べていましたが、一部の開発者の名前、郵送先住所、電子メールアドレスが漏洩している可能性があります

(Via MacRumors.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)