オープニングとして「iPhone 10周年記念イベント」が開催されるであろう、Steve Jobs シアターの進捗状況

オープニングとして「iPhone 10周年記念イベント」が開催されるであろう、Steve Jobs シアターの進捗状況

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

オープニング イベント

AppleがApple Parkと呼ばれる新しいキャンパスのSteve Jobs シアターでのオープニングイベントは、iPhone 8、またはiPhone X と言われる iPhoneの10周年の開催を目標としていると考えられます

一般請負業者である私の父と一緒に育った私は、建設とプロセスについて多くを学びました

任意の型の構造は、すぐにフレーム形式で到着することができますし、長い間、それ以上の進展がないように見えます

Steve Jobs シアターは少し外れていました、穴を掘り、鉄筋、セメントで泡立て、土と木で覆うのには時間がかかりました
この工程は最終的に形式になっており、典型的な構造にも当てはまりましたが、今のところこれは写真のように見え、それは完成に近いと思われる

6月1日現在、Steve Jobs シアターには入場のためにまだ多くの作業が残されています
照明器具、絵画、仕上げの木工やカーペット(私は劇場のためのカーペットであると仮定している)などの劇場の最終的なタッチや都市検査のホストが必要です

電気設計や建築上の間違いの1つは、リエンジニアリングとリワークの数週間かかることがあります


スポンサーリンク




ほぼ完成した劇場を伝えることができるアイテムの一つ、それは施設に設置されるシアターの椅子です

シアターの座席は家具と見なされているため、タッチアップや吊り戸の微調整などが完了する前に最後に設置されるものです
8月または9月初めに、シアターに座席が運び込まれるが確認できれば、順調に進行していることが解ります

そうなれば、Steve Jobs シアターのオープニングは、iPhone 10周年記念イベントとなります

画像元:T-GAPP
(Via T-GAPP.)


これからのDuncan Sinfield氏 のドローンを使ったApple Parkの空撮では、この辺りを注目してみてみたいと思います


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)