Appleの新しい特許、iMessage内でSiriを使用して騒々しい環境などでユーザーを支援

Appleの新しい特許、iMessage内でSiriを使用して騒々しい環境などでユーザーを支援

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

音声の替わりに

Apple に、自分自身声の代わりにiMessageを使ってSiriと話す可能性について議論する新しい特許が付与されました。これは電話に話すことが実現できない騒がしい環境で便利になる可能性があります

図書館や非常に騒々しい環境にいるユーザーがメッセージを介してSiriとやりとりし、Siriの援助などを得ることができるSiriメッセージに関するAppleの取り組みの詳細を明らかにしました
Siri iMassege 002


スポンサーリンク




メッセージングプラットフォームは、複数の入力モード(テキスト、オーディオ、画像、ビデオなど)を送受信できるようにすることができます

したがって、ユーザの要求で入力の組み合わせ(例えば、画像およびテキスト)を使用して、デジタルアシスタントへの要求を定義することができ、本明細書で説明するように、これはデジタルアシスタントの機能性および能力を増加させることができ、それによって、ユーザとデジタルアシスタントとの間のより豊富な対話型の経験を提供する事が出来ます

特に、Siri(デジタルアシスタント)は、騒音の多い環境や音声出力が望ましくない環境(例:図書館)でアクセス可能です

さらに、メッセージングプラットフォームは、2人以上の当事者間で短く簡潔な通信が交換され、時系列形式で提示される会話型インタフェースであってもかまいません

したがって、メッセージ環境内のデジタルアシスタントは、デジタルアシスタントが複数の参加者の間で共有される複数パーティの会話にデジタルアシスタントが参加できるようにすることができます

さらに、時系列フォーマットにより、ユーザは、デジタルアシスタントとの以前のインタラクションを簡便にレビューし、以前のインタラクションに関連するコンテキスト履歴を利用して、より広い範囲のタスクを定義することがでます

画像元:Patently Apple
(Via Patently Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)