Apple、ネバダ州リノデータセンターと新しい配送倉庫を10億ドルで拡張を計画

Apple、ネバダ州リノデータセンターと新しい配送倉庫を10億ドルで拡張を計画

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

市議会で承認される

今週初めに、Appleはリノデータセンターの拡張を計画しており、同社は市の承認を待っていると報じられてました
本日、リノ市議会は正式に10億ドルの拡張についてAppleの提案を6対1で承認しました

Appleは、既存のデータセンターをRenoで拡張するためにさらに10億ドルを費やす予定であり、主にデータセンターの拡張に重点を置く一方で、出荷および受領倉庫にも投資する予定です

Appleのデータセンターの大幅な拡張計画は、建築許可証が8つのクラスターと管理ビル、ガレージ、発電所からなる373,893平方フィートの新しいデータセンターで「Project Isabel」と名づけられたプロジェクトです

配送倉庫は、リノ川のダウンタウンにある4百万ドルの船積みと受け入れ施設で建設を開始しようとしています

この配送倉庫の場所は、観光改善地区としてゾーン化されているため、データセンター向け機器の売上税率を引き下げることになります


画像元:appleinsider
(Via appleinsider.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)