【Mac】OS X Yosemiteの新機能「Mail Drop」とは?

【Mac】OS X Yosemiteの新機能「Mail Drop」とは?

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。


Mail Dropとは?

Mail Drop 006


Mail Dropは、OS X Yosemiteのメールに搭載された無料のサービスで、Mac で iCloud にサインインしていれば、任意のメールサービスで大きなファイル (メッセージ 1 件につき最大 5 GB) を送信することができます

大きな添付ファイルを送信すると自動的にiCloudにアップロードされ、受信者が「メール.app」を利用しているとメッセージの一部として添付ファイルが届きます
受信者が他のメールアプリを利用している場合はダウンロード用のリンクが届きます

制限は、添付ファイルは30日間使用できてiCloud のストレージ使用量にカウントされないので大きなファイルを添付する時は使いでがあります



送信してみました

• 新規メールを作成します

• 大きなファイルを添付してみました

Mail Drop 001b


• 送信ボタンをクリックすると「添付ファイルを Mail Drop で送信しますか?」と表示されるので「Mail Drop を使用」をクリックします

Mail Drop 002a


受信してみました

OS X Yosemiteの「メール.app」で受信してみました
通常の添付ファイルのように表示されます

Mail Drop 005


• 「MailBox(beta)」で受信してみました、リンクが記されたメールが届きます

Mail Drop 004a


• リンクをクリックするとiCloudから自動的にダウンロードが始まり「Downlords」フォルダに保存されます

Mail Drop 003











ご案内

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly














LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)