初代HomePodが廃止され1年が経った今、次のHomePodどうなるのか?

初代HomePodが廃止され1年が経った今、次のHomePodどうなるのか?

昨年の今頃、AppleはHomePodを正式に製造中止になりました、HomePodはHomePod miniとして存続していますが、Appleの現在のラインナップには、2018年モデルが残したギャップを埋める製品は存在しません

Appleはmini版に注力するために大型のHomePodを廃止したと公式に発表していますが、水面下でアップデートモデルの開発に取り組んでいる可能性は十分にあります

新しい大型のHomePodが、小型のHomePodを凌駕するようなユースケースはたくさんあるはずです

HomePod x 空間オーディオ

初代HomePodの廃止後、AppleはApple Musicのロスレスオーディオと空間オーディオに全力投球しています、初代HomePodは市場で最高のスマートアシスタントではなかったし、価格も確かにそうではありませんでしたが、350ドルで手に入る最高のワイヤレススピーカーであり、Apple Musicとの緊密な統合により、Appleファンにとって最適なスピーカーとなりました

Appleはこの1年ほどで音質に力を入れ始めているが、Dolby Atmosやエンターテインメントのユースケースを取り巻く製品ラインを活性化するために、オーディオマニア向けの大型HomePodに注意を向けなかったとしたら、それは驚くべきことです

HomePodとHomePod miniはどちらもロスレスオーディオに対応しており、空間オーディオは大型モデルのHomePodでのみ動作します

問題は、大型のHomePodを今すぐ公式ソースから手に入れることはできず、中古品や整備済モデルの市場が価格を大きく押し上げていることです

スポンサーリンク

HomePod TV

エンターテインメントと言えば、HomePodスピーカーのもう1つの人気の用途は、「Apple TV」の出力として、何を見ていても没入的なオーディオ体験を可能にすることです

これまでのエクスペリエンスは複雑でしたが、新しいtvOSリリースで改善されました、HomePodスピーカーは、テレビに内蔵されているスピーカーよりも確かに音が良いので、Apple TVと同じ部屋にHomePodがある場合は、設定する価値があります

とはいえ、HomePodもHomePod miniもテレビスピーカーとして設計されたものではなく、発売後にこの機能が追加されました、専用のサウンドバーやサラウンド・サウンド・システムは、HomePodのスピーカーよりも優れていますが、必ずしもそうである必要はありません

BloombergのMark Gurman氏は、昨年、Appleがこの人気の役割を果たすために、HomePodとApple TVの組み合わせのようなものに取り組んでいると示唆しています

ディスプレイ付きHomePod

また、Appleのディスプレイ搭載HomePodもよく噂されています、この種のデバイスのユースケースは、Amazon Echo ShowやGoogle Homeがエコシステムのユーザーの間で人気があることですでに証明されています

家の中には見やすいディスプレイが有利な場所がたくさんあります、手がふさがっていても、電話の向こう側に向かって大声で質問をするのは理想的ではありませんが、情報を見る方が、情報をリクエストしてSiriに読み上げられるのを待つよりも便利なことが多いです

Appleがスマートホームのハードウェア面でAmazonやGoogleのような企業と競争したいのであれば、既存の製品と並べて補完する他のHomePod製品が必要になるでしょう

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)