Apple、ステレオペアのHomePodをmacOS 11.3 betaでデフォルトのサウンド出力に追加

Apple、ステレオペアのHomePodをmacOS 11.3 betaでデフォルトのサウンド出力に追加

すでにステレオモードで2つのHomePodをペアにして、iPhone、iPad、さらにはApple TVでもオーディオ出力として設定することができるが、MacでHomePodのステレオペアを使うのはそれほど簡単ではありません

今日デベロッパー向けにリリースされたmacOS Big Sur 11.3ベータに、Macのデフォルトのサウンド出力としてステレオペアのHomePodsを設定するオプションが追加されました

以前のバージョンのmacOSでは、ステレオペア化されたHomePodsは、ミュージックアプリや他のAirPlayコンテンツのオプションとして利用できましたが、AirPlayメニューからコンテンツごとに選択する必要がありました

Stereo paired HomePods 00001

デフォルトのオプションとしてステレオペアのHomePodを選択すると、macOSは左側と右側を別々の出力として表示します

macOS Big Sur 11.3 betaをインストールすると、各HomePodを個別に表示するのではなく、HomePodペアを単一のオプションとしてサウンド出力リストに表示するようになりました、HomePodsのペアをクリックすると、ステレオモードでサウンドを再生するために自動的に使用されます

スポンサーリンク


この機能はまだ安定して動作しているわけではありませんが、MacユーザーがこれまでHomePodで体験してきたことと比べると大きな前進です

これは、2つのHomePodsを使って、異なるアプリ間で音楽やビデオなどのメディアからステレオサウンドを再生することができるだけですが、システムサウンドは内蔵のMacスピーカーでしか再生できません

Ben Lovejoyが指摘したように、AppleはmacOSにAirPlay 2を実装したことがなく、システムのネイティブアプリの一部にしか追加していませんでした、これは、同社がついにシステム全体に最新のオーディオプロトコルを実装することを示唆しているかもしれません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)