Apple HomePod、iOS 14アップデートでサードパーティの音楽ストリーミングサービスをサポート

Apple HomePod、iOS 14アップデートでサードパーティの音楽ストリーミングサービスをサポート

月曜日に行われたAppleのWWDC基調講演では、HomePodがサードパーティの音楽ストリーミングサービスを将来のアップデートでサポートすることが正式に発表されました

基調講演では言及されていませんでしたが、今後のHomeアプリの機能について議論しているプレゼンテーションのスライドから、AppleがHomePodにサードパーティの音楽サービスを統合できるようにする計画を明らかにしています

HomePodは、2018年初頭に発売されて以来、Apple Musicにロックされています

新機能の詳細は明らかにされていないが、今週WWDCが開催されていることから、さらなる情報が明らかになると予想され

Appleは、SpotifyやPandoraのような検証済みのサードパーティサービスが、HomePodのデフォルトの音楽プレーヤーとしてApple Musicの代わりを務めることを認めるのではないかと推測されています

あるいは、ユーザーはどのサービスを利用したいかを指定する必要があるかもしれません、トリガー・フレーズの例としては、「Siri、Spotifyでお気に入りを再生してください」などがあります

スポンサーリンク


今年の初めに報道された記事によると、AppleはApple Musicのような初期設定のファーストパーティサービスと、MailやSafariなどのアプリを、制限付きでサードパーティーに置き換えることを検討しています

後者は今日確認され、AppleはiOS 14でデフォルトのメールクライアントとウェブブラウザをユーザーが設定できるようにしました

アプリのインストールやアフォーダンスの面で比較的カスタマイズ可能なiOSとは異なり、AppleはHomePodをロックダウンしたままにしています

今回のサードパーティ製の音楽ストリーミング機能の登場は、同社がスマートホームスピーカーに対するポリシーを徐々に緩和しつつあることの表れと言えるでしょう

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)