Apple Watch Ultraのディスプレイ:低照度の可視性の問題

Apple Watch Ultraのディスプレイ:低照度の可視性の問題

Apple の主力製品である Apple Watch Ultra が最近話題になっていますが、そのすべてに正当な理由があるわけではありません。

一部のユーザーから、暗い場所でのディスプレイの視認性に大きな問題があるとを報告しています。

問題の核心

複数のユーザーから寄せられた主な懸念は、Apple Watch Ultraのディスプレイが暗い環境では薄暗くて読めないというものです。この問題は時計の環境光センサーに関連しているようで、画面の明るさを適切に調整していない可能性があります。

この問題は、Appleが先月実施したwatchOS 10ソフトウェア・アップデートと関連しています。

MacRumorsフォーラムRedditApple Communityページを含む様々なプラットフォームで、この問題に関する複数の苦情が寄せられています。

ユーザーからは、Apple Watch Ultraディスプレイの輝度が低下しているため、暗い環境ではApple Watch Ultraディスプレイの情報を読み取れないという声が上がっています。これは、デバイスの環境光センサーが、適切なレベルまで輝度を高めるために正しくキャリブレーションされていない可能性を示唆しています。

スポンサーリンク

Apple Watch Ultra 2とその仕様

先月発表されたばかりのApple Watch Ultra 2は、最大画面輝度3,000nitsを誇ります。Appleによると、これはこれまでで最も明るいApple Watchになります。さらに、ディスプレイの輝度をわずか1nitまで下げることもできます。

Ultra 2の所有者の中には、新しいハードウェア仕様が原因ではないかと考えている人もいますが、増加する報告の中には、第1世代のApple Watch Ultraユーザーからの苦情も含まれています。このため、問題の根源は9月にリリースされたwatchOS 10ソフトウェア・アップデートにあるという説がさらに強まっています。

この問題は、ユーザーが明るい部屋から暗い環境に素早く移行したときに特に顕著になります。さらに、ウェイファインダーとモジュラーUltraの文字版をナイトモードでアクティブにすると、ディスプレイに赤いフィルターが適用され、視認性の懸念が持続します。

スポンサーリンク


watchOS 10.0.1および最新のwatchOS 10.0.2でアップデートされたUltraおよびUltra 2の両モデルでは、時計の設定で明るさを手動で調整しても、この問題は解決されません。

Appleの対応と解決策の可能性

AppleはApple Watch Ultraのディスプレイに関する懸念を認識していると伝えられています。近日中に予定されているソフトウェアアップデートで修正されることが期待されています。

(Via MacRumors.)








LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)