アプリのリサイクル業者がEvernoteを買収、2023年春に引き渡し

アプリのリサイクル業者がEvernoteを買収、2023年春に引き渡し

2000年に設立され、長年iPhone、iPad、Macでコミュニティのお気に入りの一つであったEvernoteのメモサービスが、所有者を変更します

2023年初頭から、Evernoteはイタリアのアプリリサイクル業者Bending Spoonsにに引き継がれる予定です

Bending Spoonsは既存のアプリの買収とその後のマネタイズで知られており、写真エフェクトアプリ「Splice」を自社のポートフォリオに含め、毎週10ドルでサブスクリプションを販売しています

スポーツアプリの「30 Days Fitness Challenge」やアナログ写真補正アプリの「Remini」なども、このイタリアの会社のラインナップに含まれています

この2つのアプリケーションも、定期的な支払いを伴うサブスクリプションの配布に依存しています

スポンサーリンク


したがって、Evernote自体は今後も大きく変わることなく、現在のバージョンでのマネタイズがメインになると推測されます

Evernoteは、当初は非常に忠実なユーザーベースを有していたにもかかわらず、近年はノート・マネージャーのカテゴリーを支配することはできていません

ユーザーデータの損失に関連するいくつかのセキュリティギャップや不具合に加えて、カリフォルニアに本拠を置くソフトウェア会社のビジネスモデルは、繰り返し論争の的となってきました

2021年夏、Evernoteは最後に提供する料金体系を変更し、無料料金体系の機能の幅を縮小しました

Evernoteは現在、個人向けに3つの料金体系を提供しており、Evernote Free(デバイス2台、月60MBアップロードまで)、Evernote Personal(月7.99ユーロ、10GBアップロードまで)、Evernote Professional(月9.99ユーロ、20GBアップロードまで)です

(Via ifun.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)