Apple Watch Series 8とApple Watch Ultraユーザの一部でマイクの問題が発生

Apple Watch Series 8とApple Watch Ultraユーザの一部でマイクの問題が発生

オンラインで多くのユーザーが報告しているところによると、新しい 「Apple Watch Series 8」 や 「Apple Watch Ultra」 モデルの一部で、マイクが一定時間以上応答しなくなり、マイクに依存するアプリがエラーを表示して動作を停止することがあるとのことです

複数のユーザーがMacRumorsのフォーラムAppleサポートコミュニティのフォーラムでこの問題について報告しています

Noiseアプリから次のようなエラー通知が表示されるほか、Siri、音声入力、手洗い検出などのシステム機能が動作しません

Measurement Suspended
Apple WatchがWater Lockになっている場合、またはマイクまたはスピーカーが使用されている場合、Noiseアプリはサウンドレベルを確認できません

スポンサーリンク


報告によると、最終的にバグが再び現れるまで、Apple Watchを再起動することでこの問題を一時的に解決できることから、この問題はハードウェアの不具合ではなく、ソフトウェアに関連するものであることが示唆されています

影響を受けるApple Watch Ultra上で、アップデート後の最新バージョンのwatchOS 9にアップデートしても、問題は修正されず、Appleも認識しているようです

同社は、保証期間中の新しいモデルを交換しているが、これはおそらく、今後のソフトウェアアップデートでバグを修正するまでのことだと思われます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)