将来のAirPodsのアップデートでAirplayによるロスレスオーディオが有効になる可能性がある

将来のAirPodsのアップデートでAirplayによるロスレスオーディオが有効になる可能性がある

ポッドキャスト「Genius Bar」に出演したJon Prosser氏によると、AirPodsへのオーディオストリーミングは将来的に大きなアップデートが行われるとのことです

Bluetoothはロスレスオーディオストリーミングをサポートするには技術的に限界がありますが、AirPodsでHiFiオーディオをストリーミングするために必要な高帯域幅をサポートするために、別のコーデックやファームウェアアップデートが将来的にリリースされる可能性があります

Appleは昨日、AirPodsは現在のところロスレスのオーディオをサポートしていないが、「現在のところ」という言葉を使っていました


スポンサーリンク

Apple Trackでは次のように述べています

AirTagを発表する前に、Appleはサードパーティのアクセサリをサポートするより広範なFind My Networkを発表しました
最近の独占禁止法の調査に照らして、Appleはここでも同じことをしていると、Prosser氏は示唆しています
HiFiミュージックストリーミングのための新しい独自のApple形式を発表する数週間前に、サードパーティのデバイスで動作するロスレスオーディオのサポートを発表します、Appleがこのような意図的なミスリードをすることはあり得ないので、これは非常に理にかなっていると思いま











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)