Apple Watch、2020年第3四半期の推定出荷台数1,180万台で新記録を達成

Apple Watch、2020年第3四半期の推定出荷台数1,180万台で新記録を達成

調査会社IDCが発表したデータによると、Apple Watchの2020年第3四半期の出荷台数は1,180万台となり、2019年第3四半期の680万台から75%近く増加しています

調査会社Strategy Analyticsのデータによると、Apple Watchの四半期出荷台数は1,180万台で、StatistaによるとApple Watchの出荷台数が920万台を超えたことは過去のどの四半期にもなかったとのことで、Apple Watchの四半期の新記録となりそうです

2020年の第3四半期は、ハイエンドのApple Watch Series 6とミッドレンジのApple Watch SEの発売を包含しており、Apple Watch Series 3は依然として用意されており、顧客にいくつかの価格帯を提供しています

スポンサーリンク

注意点は、Appleが決算報告書でApple Watchの販売台数を開示していないことで、調査会社の数字はすべて推定値です

とはいえ、Appleのウェアラブル部門は前四半期に記録的な79億ドルの売上を記録しており、この分野にはApple WatchやAirPodsなどの製品が含まれていることを考えると、Apple Watchが最近かなり売れていることを示唆する証拠となっています

IDCの予測によると、Apple Watchの市場シェアは21.6%で、Xiaomiの推定市場シェア24.5%に次ぐ2位となっていますが、これにはハイエンドのスマートウォッチから、Xiaomiの50ドル以下の価格帯のMi Bandのようなベーシックなフィットネストラッカーまで、あらゆるものが含まれています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)