Apple Watch Series 4は、新しいiPhoneよりエキサイティング

Apple Watch Series 4は、新しいiPhoneよりエキサイティング

2018年のApple Special Eventで最もエキサイティングな発表は、iPhone XS/XS MaxとiPhone XRの3種類のiPhoneではなくApple Watch Series 4だった!

Apple Watch Series 4

角を丸くした、より大きなディスプレイ、および内蔵のECGスキャナは間違いなく最も求められている機能です

現在iPhone XSの殆どが「お届け予定日: 2018/09/27 – 2018/10/04」ですが、Apple Watch Series 4は「お届け予定日: 2018/10/15 – 2018/10/22 」となっている事実が在ります

Apple Watchが最近iPhoneを圧倒している理由はたくさんあります
Apple Watch Series 4 003 z

スポンサーリンク

iPhoneが退屈になっている

最も明白なのは、iPhoneが退屈になって、Appleが年々そのデバイスから払拭できる恩恵が減っていることです

最初のiPhoneが登場してから11年後には、Appleのマーキー製品が光沢の大部分を失ったようで、モバイル製品に加えることができるアップグレードと傑出した機能は非常に多くありますが、それには多くの費用がかかります

iPhoneの過去4年間を振り返ると

  • 2014年、AppleはiPhone 6をリリースしたときにiPhoneのPlusバージョンを導入しました
  • 2015年にはApple Watchと初めてペアになり、Appleのハードウェアとソフトウェアを普及させるより良い理由をAppleのファンに与えました
  • 2016年、Appleはヘッドフォンジャックを取り外し、AirPodをリリースし、Appleが将来のワイヤレスビジョンに向けて業界を揺るがしました
  • 2017年、iPhone Xを手に入れました。画期的な、ベゼルレスのディスプレイとFaceIDにより、業界トレンドセッターとなり、スマートフォンのデザインに関するより面白い議論を促進しました

iPhoneの新機能が停滞

今年はSアップグレードの年であり、それほどエキサイティングではありません、iPhoneが成長する余地がたくさんあるようには思えません

昨年、iPhone Xを使用して顧客が意欲的な新機能ではなく、デザインや美的改善のために支払う意思があると考え、OLEDディスプレイやガラスバックプレートなどの高品質の材料を使用し始め、利用可能なストレージ層を増やし始めAppleは主力製品の平均コストを$ 749から$ 999に350ドル以上引き上げました

スポンサーリンク

Apple Watchはエキサイティングで印象的な機能を追加

Apple Watchは、ウェアラブルシーンに遅れて到着し弱者の製品として始まりましたが現在では、世界で最も売れているウェアラブルと言うだけでなく、世界でもベストセラーの時計となっています

Appleは毎年1回の新しい繰り返しでハードウェアとソフトウェアを一貫して改良することでそれを達成しました、ちょうどiPhoneの初期の時代と同じように・・・

Apple Watchは、Series 2の耐水性、Series 3のcellularモデルと印象的な機能が追加されてきました

Series 4では、ECGスキャナの搭載です

これから、まだ何年にもわたって斬新な革新とデザインオーバーホールが期待できます

  • エンジニアリングと設計のハードルを克服して、丸型のApple Watchを作成する可能性
  • バッテリ寿命を24時間以上延ばす方法を見つける可能性

まだまだ、Apple Watchをより多くの大衆市場の視聴者を増やすことができる無数の方法があります

次のiPhoneよりも次のApple Watchを開発するのがより魅力的な時期になり、ユーザーはそのアップグレードに注目しています

(Via The Verge.)


事実、iPhone 3G、3GSの時のようにApple Watchはワクワクドキドキさせられる部分が多く在ります

成熟した状況ではなく、成長する状況には期待が膨らむものです

ただ、何年か後にはApple WatchもiPhoneと同じようになる可能性は大きいと思われます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)