Apple Watch Series 4は、心房細動 (AFib) の兆候をほぼ完璧に識別

Apple Watch Series 4は、心房細動 (AFib) の兆候をほぼ完璧に識別

Apple Watch Series 4には、転倒検知や心電図検査などの健康関連機能など多くの機能が搭載されています

Quartzは、「Apple Watchの新しい心臓監視機能はそれほど印象的なものではない」と言い、調査の結果を見て、Apple Watchに疑念を抱かせるようなやり方をしています

Apple WatchのECG機能の組み込みとマーケティングのためにFDA認定を取得するために、Appleとスタンフォード大学は、600人弱未満の研究を実施し、その結果はFDAに提出され、レビューされました

Quartzによれば、これらの研究参加者の半数は健康で、残りの半分は心房細動(AFib)で、これは心臓病であり、重篤な合併症を引き起こす可能性があります

Apple Watch Series 4が使用するスマートフォンアプリは、心房細動(AFib)患者の98%以上と健康な心拍数の患者の99%以上を識別することができました

Quartzのレポートによると、心臓病専門医は、約10%が認識されないものの90%を認識することが出来た、だから、Appleが「あなたの健康のためのインテリジェントなガーディアン」として位置づけようとしている製品を約束していると確信しているとあります


スポンサーリンク


Apple Watch Series 4 heart rate 001 z

なぜ、懐疑的?

Apple Watch Series 4の最も有望な側面のいくつかを懐疑的に掘り起こしている人がいるのはなぜか?

オレゴン州保健科学大学の救急医師であるAndrew Moore氏は、Apple Watchの技術は病院の環境に比べて「初歩的」だとQuartzに語りました

もちろん、399ドルのApple Watch Series 4は、病​​院で起こったはるかに頑強な治療と診断とは比較できません

FDAがAppleに、医者に見てもらうための目安として読まなければならないことを強調し、Apple Watchに表示された測定値が確定的な医学的診断と見なされるべきではないということです

新しいApple Watch Series 4は、「低リスクから中リスク」のFDAカテゴリに分類されています、ここでのリスクは、ユーザーの心拍数の誤読であり、これは、リスクの高いカテゴリにあるサブパネルのデバイスでは致命的ではありません

FDAの認可を得るために、Appleはそのデバイスが安全であることを証明しなければなりませんでしたが、調査結果からわかるように、容易に要件を満たしています

(Via BGR.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)