Apple Watch、2018Q1にウェアラブルマーケットが35%アップするなかでLTEスマートウォッチの59%を占める

Apple Watch、2018Q1にウェアラブルマーケットが35%アップするなかでLTEスマートウォッチの59%を占める

ウェアラブルマーケットは35%アップ

ウェアラブルバンドの出荷台数は、健康中心のデバイスに対する強い需要により、2018年第1四半期には前年比35%増の2,050万台となりました

スマートウォッチは、着用可能なバンド収入の80%を占め、2017年第1四半期の74%から増加しまし、出荷台数では、スマートウォッチは2018年第1四半期に43%を占めました

Appleはトップベンダーとして380万台のApple Watchesを出荷しました

Apple Watchの出荷台数は、同社の記録的な四半期後に安定し、2017年第1四半期の台数を確保しました

Canalysのシニアアナリスト、Jason Low氏は、「最新のApple Watch Series 3でAppleの成功の鍵は、LTE対応の時計が消費者の手に入ることです」
また、「事業者は、デバイス販売による追加収益と、Apple Watchに関するデータによるサブスクリプション追加収益を歓迎し、LTE Apple Watch を世界中で販売する事業者のリストは毎月増加しています」

スポンサーリンク

LTEスマートウォッチの59%

Wearable2018Q1 001 z
Apple Watchは、LTEスマートウォッチマーケットの59%を占めています

Appleのエコシステムは強力なLTEウォッチを提供していますが、Androidのエコシステムでは同様の製品が不足していて、Googleが噂のPixel Watchで機会を狙っています

GarminはAppleに次ぐ第2位のスマートウォッチベンダーとなり、前四半期には100万台のスマートウォッチが出荷されました

Canalysのリサーチアナリスト、Vincent Thielke氏は次のように述べています
「Garminのスマートウォッチへの移行は、持久力のあるアスリートやアウトドア愛好家にGPSの専門知識を集中させることで迅速になり、Garmin PayをForerunnerやvívoactiveシリーズに追加することにより、必要な改善がもたらされました、最新のForerunner 645に搭載された音楽ストレージを提供しています」

スマートウォッチの世界的な普及率が高まる中、Fitbitはユーザーにスマートウォッチへのアップグレードを促し、激しい競争の中で新しいユーザーを引きつけるために競争してます

(Via Mac DailyNews.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)