Appleが2015年に行ったTime Warnerとのバンドル契約の交渉が、一時的に買収交渉につながった経緯

Appleが2015年に行ったTime Warnerとのバンドル契約の交渉が、一時的に買収交渉につながった経緯

WarnerMedia-Discoveryの統合は、来年の株式公開時に1,000億ドルを超える時価総額を持つ可能性が高い企業であり、将来の買収を容易にするように構成されています

Appleは、それを買収する余裕のある数少ない企業の1つです

CNBCの報道によると

Appleが大規模なメディア買収に関心を持っているかどうかは不明です、同社の歴史を見ると、Tim Cook最高経営責任者は巨額の買収を敬遠しているようです

Appleの過去最大の買収額は2014年のヘッドフォンメーカーBeats Electronicsが、わずか30億ドルでした

しかし、よく使われる投資用語を引用すると、過去の実績が将来の結果を保証するものではありません

Appleは「Ted Lasso」や「The Morning Show」といったシリーズでオリジナルコンテンツへの投資を比較的少なくしており、Netflix、Amazon Prime Video、Disney、新たに統合されたWarnerMedia-Discoveryといったストリーミング大手の中では、Apple TV+はまだ少数派です

もしAppleが競争したいのなら、最も簡単な方法はメディアの巨人を買うことです、そしてWarnerMediaとAppleの間にはすでに歴史的なつながりがあります

スポンサーリンク


関係筋によると、2015年にCook氏、Appleのインターネットソフトウェアおよびサービス担当シニアバイスプレジデントのEddy Cue氏、当時Time WarnerのCEOのJeff Bewkes氏、元Time Warner Executive Vice PresidentのOlaf Olafsson氏が会談し、AppleがTime Warnerのコンテンツを独占的に提供することに関するパートナーシップの機会について話し合ったと言います

Cue氏は完全な買収に興味を示しましたが、Cook氏は最終的に1,000億ドル近い取引になる可能性のある引き金を引く準備ができていなかったと、関係者は述べています

Appleがストリーミング・ビデオの世界にとどまることを望むなら、Cook氏は高額なM&Aを避けてきた同社の歴史に責任を負う必要があるかもしれません

WarnerMediaとDiscoveryの買収は2022年半ばまで完了しないと見られていいます

(Via CNBC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)