macOS High SierraのAPFSのバグでディスクイメージ時にデータ損失の可能性

macOS High SierraのAPFSのバグでディスクイメージ時にデータ損失の可能性

MacOS High Sierraに含まれているAppleのAPFSファイルシステムは、ディスクイメージの脆弱性に悩まされています
Copyright Clonerの作成者によれば、状況によってはデータが失われる可能性があると言います

ソフトウェア開発者のMike Bombich氏は、ブログで “sparse”ディスクイメージでの彼の定期的な作業を通してAPFSのデータ書き込みの欠陥が明らかにしたと説明しています

“スパース” ディスクイメージは基本的に、macOSがデスクトップにマウントし、あたかも古典的なディスクボリューム構造を持つ物理的に接続されたドライブであるかのように扱われるファイルです

“スパース” ディスクイメージの柔軟性は、バックアップとディスクのクローン作成の操作を実行する過程で一般的に使用されることを意味します、そのためにBombich氏は豊富な経験があります

スポンサーリンク

今週初め、APFS形式の”スパース”バンドディスクイメージボリュームが、十分な空き容量を示していることに気付きました、にもかかわらずディスクイメージボリュームにビデオファイルをコピーして、何が起こるかを確認しました


ファイル全体がエラーなくコピーされました、私はファイルを開いて、再生されたビデオが終了するのを確認し、ファイルをチェックしました私が知る限り、ファイルは完全でディスクイメージ上にありました
しかし、ディスクイメージをアンマウントして再マウントしたとき、ビデオが破損していました


ありがたいことは、いくつかのテストを実行していて、消えたファイルはテストデータでした

2つの関連する問題

  • 1つは、APFS形式のスパースディスクイメージ上の空き領域が、基本となる物理ホストディスクの空き容量が少なくなった場合に更新されないことです
  • 第2の問題は、書込み要求がディスクイメージを動的に拡大できず、結果としてデータがボイドに「書き込まれる」というエラーレポートがないことです

Bombich氏は、Appleに報告し両方のバグをMacOSのバックグラウンドである “diskimages-helper”アプリケーションサービスに戻って追跡しています

High Sierraをインストールするたびに、既存のファイルシステムがソリッドステートドライブなどの最新のストレージシステムに最適化されたAPFSに変換されます
SSD起動ディスクのような通常のAPFSボリュームは、上記の問題の影響を受けないため、大部分のユーザーは影響を受けません

この欠陥は、ネットワークボリュームにバックアップするときに最も起こります

Bombich氏によると、Carbon Copy ClonerはAFPSフォーマットのスパースディスクイメージをAppleが問題を解決するまでサポートしません

(Via MacRumors.)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)