スポンサードリンク

【iPhone】人気カメラアプリ「Halide」のデザイナーが語るiPhoneのRAW Power

スポンサードリンク

【iPhone】人気カメラアプリ「Halide」のデザイナーが語るiPhoneのRAW Power

iPhoneで評価の高い人気のカメラアプリ「Halide」のデザイナーが、iPhoneのカメラでのRAWについて詳しく説明しています

RAWにできること

RAWは膨大な情報を保持するファイル形式です。後ほど詳しく説明しますが、最初にできることを示しましょう
Halide 003

左:iPhone XのRAW画像、右:編集後の画像



RAWは編集の自由を与えます、写真の色やホワイトバランスを変更したり、明るすぎるハイライトや濃すぎるシャドウを復元することを自由に行えます

Halide 004

RAWファイルの膨大な量の追加情報は、一見露出不足のショットから美しい画像を得るのに役立ちます



RAWは素晴らしいです、しかしRAWは魔法の “強化”ボタンではないことを知っておくことが重要です
ユーザーの中には、ストックカメラアプリの通常のキャプチャよりも悪いRAW画像が混乱していることがあります

完全にトレードオフを理解するために、RAWファイルとJPEGとの基本的な違いを理解すると役に立ちます

スポンサードリンク

RAWファイルとは何なのか?

3つのステップとして写真を撮影するプロセスを考えてみましょう

  1. センサーが光を取り込む
  2. 検出された光の値を画像に変換するソフトウェア
  3. 画像はJPEGのようにファイルとして保存されます

1. センサーが光を取り込む

基本的には、写真を撮ると、カメラの光がいくつかの光学要素を照らしてから、レンズの後ろにあるピンクの小さなセンサーに落ちます。この特定のレンズは光を捕らえる

RAWファイルを理解するには、カメラセンサーが見るものが画面上に表示されるものと非常に異なることを知る必要があります。RAWファイルは、このセンサーで測定した値を保存するだけです

2. 検出された光の値を画像に変換するソフトウェア

3. 画像はJPEGのようにファイルとして保存されます

データが画像処理プロセッサに渡されます。これは、チップがセンサーが「見た」ものを取り出し、それをJPEG(またはHEIC)ファイルに変換してiPhoneに保存することを意味します、このステップを処理といいます

これがJPGのプロセスです、RAWファイルの処理は大変な作業です
そのため、Appleは処理したファイルをJPEGまたはHEICとして保存しています、これらは、はるかに少ないスペースしか必要とせず、ロードするのがはるかに高速です


続いては、「RAWとJPEG」「いつもRAWを撮影する必要があるのか?


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

コメント01409 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク