スポンサードリンク

Apple、第2世代「HomePod」は「Face ID」テクノロジーを採用か

スポンサードリンク

Apple、第2世代「HomePod」は「Face ID」テクノロジーを採用か

第2世代「HomePod」

Appleの最初の「HomePod」は、12月発売予定で実際に未だ販売されていませんが、その次の世代の後継者についてのサプライチェーンから出てくる噂が既に存在しています

Appleの「HomePod」や「AirPods」を製造するメーカー「Inventec Appliances」は、スマートスピーカーのトレンドの未来を見据えています

Inventec社のDavid Ho氏は、スマートなスピーカー企業はすでに、「Face ID」の認識などの機能を組み込むことを検討していると、日経アジアレビューは報じています

Inventec AppliancesはSonosのような企業向けにスマートなスピーカー製品を生産していますが、彼が話していた製品を特定しなかったが、アナリストは、Amazon EchoとGoogle Homeと競合する音声起動型スピーカー349ドルの次世代のAppleのHomePodを参照する可能性が高いと述べた

ユアンタ・インベストメント・コンサルティングのアナリスト、Jeff Pu氏は、2019年にアップルが3D検出カメラで「HomePod」を展開できると述べました

スポンサードリンク


Aooleの最近リリースされた「iPhone X」は、3Dカメラの顔認識機能を搭載した最初の製品で、ユーザーは電話機のロックを解除して支払いを行うことができます
また、正面カメラを通してユーザー自身の顔の表情を反映するいわゆるanimojisが利用できます

Appleは、2018年のiPad Proデバイスや2018年のiPhoneラインナップ全体を含め、来年Face IDを使用する製品の数を増やすと噂されています

HomePodでは、Face IDは、現在誰が部屋にいるかに基づいて、自動ユーザプロファイルの切り替えなどの巧妙な機能を有効にすることができます

一方、Ho氏は、ホリデーシーズンの需要を満たすために、年末までに新しい音声対応のスマートスピーカーを出荷することを確認している
彼は、同社が複数の顧客に対してスマートスピーカーを作っており、そのうちのいくつかは既に2017年中頃に出荷されていると付け加えています

Appleは今年初めに、HomePodが今年末までにオーストラリア、米国、英国でHomePodが利用可能になると発表しています
Inventec Appliancesは今年末までに約5万台のデバイスしか出荷しない、と台北ベースのアナリスト、Arthur Liaoは述べています

サプライチェーン・チェックによると、アップルは2018年に400万台のホームポッドを製造する予定です

また、FubonのLiao氏は、「AirPods」の出荷台数は今年で約2000万台、2018年には約3000万台に増加する可能性があると述べました

(Via 日経アジアレビュー.)


依然として、日本での発売が何時になるか聞こえてきていません

正式に発売になってからの発表となるのでしょうか?


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

スポンサードリンク








【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

スポンサードリンク