Apple、SafariでAdobe Flashのサポートを廃止する準備ができている

Apple、SafariでAdobe Flashのサポートを廃止する準備ができている

昨日お伝えしたように、基本的にmacOS Webブラウザーのベータ版であり最新バージョンのSafari Technology Preview Release 99のリリースノートには、Adobe Flashのサポートを終了することが明記されています

Appleは以前のSafariバージョンでFlashをデフォルトですでに無効にしており、最初のインストールから各MacにFlashを含める慣行は10年前に終了しました

Safari

しかし、ユーザーがFlashをMacにダウンロードして手動でアクティベートする場合は、それでも可能です

Safariの次のバージョンでは Adobe Flashのサポートが削除される可能性があります

スポンサーリンク

Adobeは2017年に、2020年末にFlashのすべてのサポートを終了することを発表しました。これにより、非常に長い間リッチメディアWebアプリケーションの定番であった技術が正式に終了します

現在、Flashは長い間デフォルトでオフになっています、ほとんどのユーザーは、Flashが完全になくなったときに気付くことさえありません

Flashが廃止されるという発表以来、Web開発者は、他の技術の中でも特にHTML5とWebGLに置き換えました

(Via Ars Technica.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)