AppleはSafariでService Workerサポートを導入しようとしている

AppleはSafariでService Workerサポートを導入しようとしている

AppleはSafari 11.1でService Workerを導入しようとしている、Service Workerとは何なのか?

Service Workerとは何なのか?

Safari Technology Preview 46で最初に導入されたService Workerは、オフラインWebアプリケーションとより高速なWebページ用のバックグラウンドスクリプトを実装し、開発者がオフラインでも機能するWebアプリケーションを構築ですることができます

これは、他のアプリのようにホーム画面に保存できるウェブサービス、ウェブページ内からのカメラの使用、バックグラウンド同期など、オンラインまたはオフラインで動作するウェブアプリケーションを作成するための方法を意味します

これらは、Service Workerがオフラインで使用するためのデータをキャッシュできるため、開発者がブラウザベースのアプリケーションであるProgressive Web Applicationsを構築できるようにする業界全体の取り組みの一部です

このアプローチの利点の1つは、開発者が標準に準拠したブラウザで動作するクロスプラットフォームアプリケーションを構築できることです

スポンサーリンク


AppleはSafari上でProgressive Web Applicationsを実現するために必要な第2の技術であるWeb App Manifestsの仕様にも取り組んでいます
これには、アプリケーションインターフェイスを作成するために必要な、名前、説明、アイコンなどの重要な情報が含まれています

Service WorkerとWeb Appマニフェストを組み合わせると、ホームスクリーンから実行でき、アプリケーションのように(つまり、ユーザーインターフェイスを使用して)動作するJavaScriptベースのアプリケーションを作成できます

そのようなサポートを導入することで、AppleはApp Storeを通じて販売されているものよりもWebアプリケーションのステータスを上げることで、iOS開発の政治を変えていると主張する人もいます

しかし、私はその分析には本当に同意しません

私は、Webアプリケーションが単機能の比較的単純なiOSアプリケーションの多くを置き換えると考えていますが、そうすることでApp Store経由で利用できるアプリケーションのステータスが上がることも考えられます

これらの複雑なアプリケーションは、Webベースのアプリケーションよりも多くの機能を提供します、Webベースのアプリケーションは、Mac、PCなどの場所にiOSのようなユーティリティをもたらすプラットフォーム間で使いやすくなります

(Via COMPUTERWORLD.)


Safari 11.1」は、昨日Appleが開発者にリリースした「macOS High Sierra 10.13.4 beta (17E139j)」と「iOS 11.3 beta (15E5167f)」に含まれており、macOS High Sierra 10.12.6と10.11.6でも利用可能だとリリースノートに記されています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)