【macOS Sierra】Apple WatchでMacのロックを自動解除する方法

【macOS Sierra】Apple WatchでMacのロックを自動解除する方法

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

ロックを自動解除



もう、「macOS Sierra」にソフトウェアアップデートは、済まれましたでしょうか?

macOS Sierraの新機能に「Apple Watch」との連携でMacのロックを「Apple Watch」を近づけるだけで解除する機能があります

サードパーティの「MacID」「Near Lock」も同じようなことができるのですがiPhoneありきで「Apple Watch」単体ではロックを解除することはできません

スリープでロックがかかっているMacBookを開けかかると腕に巻いた「Apple Watch」で、開いたと同時にロックを解除してくれます

MacOS Sierra1012 003


利用要件



この、自動ロック解除機能を利用するには要件が在ります

  1. 2013年以降に発売されたMacのモデルで「macOS Sierra」であること

  2. watchOS 3を搭載したApple Watchであること

  3. Apple IDが「2ファクタ認証」にしていること

以上の3つの要件を満たしていなければなりません

watchOS 3は先日リリースされているので「Apple Watch」もアップデートも済んでおられると思います、当然「macOS Sierra」にもアップデートされているでしょう!


スポンサーリンク



「2ファクタ認証」とは


自分で信頼した iPhone、iPad、または Mac などのデバイスでのみアカウントにアクセスできるようになります。
新しいデバイスにはじめてサインインする場合は、パスワードと、信頼済みのデバイスに自動的に表示される 6 桁のパスコードという 2 つの情報の提示が必要になります。このコードを入力することが、新しいデバイスを本人が信頼したことの確認となります。たとえば、iPhone をお持ちで、新しく購入した Mac ではじめてアカウントにサインインしているとします。この場合、パスワードと、iPhone に自動的に表示される確認コードの入力を求められます

詳しい説明は以前の投稿『Apple IDの「2ファクタ認証」とは?「2ステップ認証」との違いとその設定方法』を参考にしてください

2ファクタ認証画面が表示されない場合は、『Apple IDで2ファクタ認証画面が表示されない場合がある、その対処方法』を参考にしてください


設定方法


  • 「システム環境設定」で「セキュリティとプライバシー」をクリックします
  • 2facter 001

  • 「一般」タブで「Apple WatchでこのMacのロックを解除できるようにする」にチェックを入れます
  • 複数台のApple Watchが在る場合は、どのApple Watchを利用するか選択するようになります
    2facter 002

「Apple WatchでこのMacのロックを解除できるようにする」にチェックを入れた時に該当する「Apple Watch」がないと表示される場合が在りますが、暫くして再度設定するとできるようになりますのでもう一度設定します

MacBookなどは、上蓋を開けかかると同時にロックが解除され開けたと同時に直ぐに利用できるようになります













LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)