AVアーティスト、macOS Monterey「オレンジドット 」のセキュリティ機能がMacをライブパフォーマンスに適さなくしていると不満

AVアーティスト、macOS Monterey「オレンジドット 」のセキュリティ機能がMacをライブパフォーマンスに適さなくしていると不満

Macを使って大画面に出力するオーディオビジュアルアーティストたちは、ライブパフォーマンスを妨げているmacOS Montereyの新しいセキュリティ機能を無効にする方法をAppleに求めています

この機能は、macOS Montereyでアプリがカメラやマイクを使用している場合、メニューバーのコントロールセンターアイコンの隣に色付きのドットが表示されます

iOSと同様に、緑色の点はアプリが現在カメラを使用していることを示し、オレンジ色の点はアプリがマイクを使用していることを示します

インジケータドットの背景にあるアイデアは、ユーザーが知らないうちにマイクやカメラにバックグラウンドでアクセスできなくするため、アプリやプロセスが会話や動画をこっそり記録するのを防ぐというものです

AVアーティストにとっての問題は、ドットが外部プロジェクタやLEDウォールなどの外部ディスプレイにも表示されることで、ライブ映像のパフォーマンスに悪影響を及ぼすことです

スポンサーリンク


システム環境設定の「Dockとメニューバー」でメニューバーを無効にすると、オレンジ色のドットが大きく目立つように表示されるため、問題がさらに悪化します

Orange Dot 002
視聴覚効果スイートIsadoraのリード開発者であるMark Coniglio氏は、フォーラムの投稿でこの問題について仲間のAVアーティストに警告しました

Coniglio氏はさらに、仲間のアーティストたちにAppleにフィードバックを提供するよう促し、同社は「ユーザーがこの機能をすぐに無効にできるようなアップデートを導入しなければならない」 と続けています

なぜなら、現在のMacは、何千人もの聴衆に見られるライブパフォーマンスを出力するには不向きだからです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)