一部のApple WatchユーザーでwatchOS 8.3へのアップデート後に充電の問題が発生

一部のApple WatchユーザーでwatchOS 8.3へのアップデート後に充電の問題が発生

MacRumorsのフォーラムRedditApple Support Communitiesの記事によると、 「Apple Watch Series 7」 を使用している多くのユーザーが、最新のwatchOS 8.3ソフトウェアにアップデートした後に充電に関する問題に直面しています

苦情の多くはサードパーティー製のApple Watch充電器に関するもので、ユーザーはこれらのデバイスがApple Watchを充電できなくなったと感じています

Reddit:

昨夜、私の時計を8.3にアップデートし、今朝、サードパーティーの充電器にセットしました。1時間後に戻ってきたら、2%ほど増えていました

私の配偶者の時計と彼女のサードパーティの充電器で同じことを試してみて、同じ結果になりました

それらを公式の充電器に置き確認したところ、すぐに充電を完了します

多くの場合、Apple Watchは数分間充電された後、充電が突然停止します。Apple Watchを再起動すると、充電をすぐに開始できますが、ほとんどの人にとって恒久的な解決策ではないようで、充電の問題が繰り返し発生します

スポンサーリンク


MacRumorsフォーラム:

充電の問題はwatchOS 8.3でより頻繁に発生しています。10分で2%程度充電するという馬鹿げたことになっている、これは何なのでしょうか?Watch Series 7専用の新しい超低速充電か何か。

これが全てですが、宣伝している高速充電ではありません

Apple Watch Series 7の充電に関する苦情は11月初旬から寄せられており、Appleは当初、watchOS 8.1.1アップデートで充電速度の低下を引き起こす問題に対処しました

一部のユーザーは11月のwatchOS 8.1.1のアップデート後も問題を抱えており、watchOS 8.3のアップデートではさらに多くのApple Watchユーザーが問題に直面しているようです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)